はっぴぃ明日(あーす)

siawaseasu.exblog.jp
ブログトップ

上映会 質問・感想シート

上映会&クロストークの後日、あゆみ助産院の左古さんより送られてきた
「あなたのお産が幸せなものでありますように」

a0204781_2234642.jpg


素敵なタイトルだな~としみじみ。
あゆみ助産院に残されたお産ノートを編集した本です。
ひとりひとりのお産の記録は本当に感謝と幸せに満ちています。
オキシトシンホルモンのせいでしょうか、幸せなお産をした女性は本当に哲学者のように自分の中にあふれ出る想いを書き綴ります。

そのなかに時折左古さんと赤ちゃんの写真がほんとうにほっこり癒され、またじーんと心に沁みます。

京都の書店・アマゾンでも購入可能です。ぜひ、お買い求めください。

さて、上映会後すぐに会場のみなさんに書いていただいた質問・感想シート。
クロストークで早速それをもとに話を進めて行きました。
会場に来れなかった方にも、会場を声を届けたいと思い、少しですが掲載したいと思います。


河瀬直美監督「垂乳女」上映会&クロストーク「命のつながりを考える」質問・感想シート

もうすぐ2歳になる息子と、夫と、6月にまた新しい家族を迎えます。私の下に命がつながって、私とその上との命のつながりについても考えるようになりました。言葉では表せないような幸福感や、今まで出会ったことのない新鮮な時間。出産したことで世界がせまくなるかと思いきや、どんどん広がっていく命のことに不思議な気持ちです。「垂乳女」を拝見して、何をもって「命のつながり」というのかな(血なのか、時間なのか)と考えた時間でした。

「垂乳女」をはじめて見て、いのちの不思議さをあらためて感じました。
映像は目に映る確かにそのものずばりの出産なのですが、目には見えない創造の不思議、創造の業に驚きを覚えました。
特に90歳のおばあさまと光祈ちゃんとのツーショットがいぢらしく、私の母87歳とわたしの孫とのじゃれあいを思い出しました。
いのちを感謝せずにはいられません。このいのちのつながりをありがたく思える人生はなんて豊かなことでしょう。人間の思いや力をはるかに超えた摂理を思います。
河瀬さんとスタッフのみなさまの勇気に拍手を送ります。ありがとうございました。


命の誕生、家族(おばあちゃん・おかあさん・おじいちゃん・父親)の大切さをあらためて考えさせてもらえる上映会でした。

命をどうつなぐという母となることへの相互の関係に深さを感じました。
助産師の立場から生命の誕生の機会を与えられることの重要な役割があると深く感じます。


「垂乳女」感動しました。ありがとうございました。
質問させてください。河瀬さんは監督として多忙な日々を過ごされている中、どんな風にお子さんに愛情を伝えておられますか?間もなく育休が終わり、仕事復帰するので不安を感じております。アドバイスいただければ幸いです。


出産された時の河瀬さんの顔があまりにも穏やかでとても驚きました。自分の時は無我夢中で、産み落とした後に変な興奮状態で、テンションが違った事を思い出しました。ありがとうございました。


まだまだ書ききれないくらいのコメントをいただいております。ありがとうございました。

少なからず、映画とクロストークが皆さんの心に響いてもらえたのでしょうか、素敵なコメントばかりいただきました。

これが私たちの活動の糧になることは間違いありません。
ありがとうございました。




いのち紬ぐネットワーク はっぴぃ明日
代表  真鍋りょうこ
[PR]
by happy_earth_blog | 2014-03-22 22:32 | おしらせ