はっぴぃ明日(あーす)

siawaseasu.exblog.jp
ブログトップ

産科医療補償制度勉強会のご報告

12月8日日曜日午後2時から産科医療補償制度の勉強会を開催しました。
a0204781_8302285.jpg
              奈良市ボランティアインフォメーションセンター会議室にて。


安心お産の会からのお付き合いの勝村久司さんに出向いていただきました。

8日は奇しくも「奈良マラソン」開催日で、奈良市内の交通機関がストップしてしまうという事態でしたが、なんとか開催することができました。


勝村さんは、産科医療補償制度の委員でもあり、陣痛促進剤による被害を考える会のメンバーでもおられます。
以前のブログで、勝村さんの奥様の理栄さんのお話のことを記事にしましたが、「星の王子さま~医療裁判10年の記録~」の著者でいらっしゃいます。その時の記事です→


産科医療補償制度にスポットを当てての勉強会のつもりでしたが、実は前置きがとても重要で大きく意味を持つものであったことを再確認できました。
「どうして脳性麻痺の赤ちゃんが産まれるのか」
「産科医療の本当の現場」
「日本の産科医療の過去」
「事故から学ばない日本の医療」
などなど、私達産む側の人間にはとうてい計り知れないような現実に愕然といたしました。


あまりここではいろんな事を書きすぎて、皆さんを不快な気持ちにさせようとは思わないですので、全貌は明らかにできませんが、医療界というのは先進国においては政治力がとても大きく、自分たちの利益のためには私達や赤ちゃんの命まで脅かしている。という事実です。
全ての医療機関がそうだとは思いませんし、そうでありませんが、絶対数にしてみれば経済的に、政治的に動いているということが、今の産科医療現場が物語っているのだと感じます。


キーワードはやっぱり
「陣痛促進剤」
これなしには今の日本の産科医療は語れない。


最後には勝村さんのこれからの想いや、参加した助産師、保健師の方々の現場の声もシェアできてとても実りある時間となりました。
勝村さんはたくさん資料も作ってくださり、私達にもわかりやすくお話していただきました。
その時のお話も、今後はっぴぃ明日でしシェアしていくつもりです。


勝村さん、参加してくださって皆様、ありがとうございました。




いのち紬ぐネットワーク はっぴぃ明日(あーす)の今年の活動は終了いたしました。
今年度中はもうひとつステキなイベントを企画中です。
今年中か新年早々告知できると思っています。

今年もいろいろな方にご協力、ご賛同、ご指導いただきまして本当にありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。
みなさま、良いお年を!!




いのち紬ぐネットワーク はっぴぃ明日(あーす)
代表 真鍋りょうこ
[PR]
by happy_earth_blog | 2013-12-10 08:51 | トピックス